【ミュージシャンになるなら】音楽専門学校に通おう

憧れの曲を弾くために

ピアノを弾く人

ピアノは教室選びが大事

ピアノは、子どもから大人まで、幅広い年齢層に人気の習い事です。何歳からでも始めることができ、定年退職後に趣味の一つとしてピアノを習い始める人もいます。ピアノは独学で覚えることも可能ですが、ピアノ教室に通ってプロの先生に教わった方が上達が早いです。また、自分一人だと、細かなミスがあっても気付かないことが多いですが、プロの先生はそのようなミスにすぐ気付いて指摘してくれます。独学よりもピアノ教室に通った方が、完成度の高い曲に仕上げることができるようになります。ピアノ教室の形態は2種類あります。1つは楽器メーカーが経営している教室、もう1つは個人経営の教室です。ピアノを始めても、短期間でやめてしまう人もいます。しかし、せっかくピアノを始めるなら、長く続けて上達したいものです。そのためには、それぞれの特徴を知ったうえで、自分に合ったピアノ教室を選ぶことが大切です。楽器メーカーが経営する教室は、多くの先生が在籍していて、どの先生も技術力が高く、先生によるばらつきはあまりありません。しかし、「自分に合う・合わない」という観点では、先生によって差があります。先生の指定ができない場合が多いので、合わない先生になってしまうと、ピアノ教室を続ける意欲がなくなってしまう可能性もあります。また、先生が退職した場合などに、担当の先生が変わってしまうことも考えられます。それに対して、個人経営の教室は、先生は基本的に一人です。先生が自分に合うかどうかは、通い始める前にわかるので、ピアノ教室を選びやすくなります。ただし、教室によって先生の技術力には大きく差があります。